法人向けサービス 利用規約

『ダイヤモンド・プレミアム』法人向けプラン 利用規約

第1条 (定義)

本規約における用語の定義は、以下の各号に掲げるとおりとします。

1. 本規約:この利用規約をいいます。

2. 個別規約:本規約の他に、ガイドライン、ポリシー、その他の名称を問わず、当社が本サービスの利用条件、利用上の決まり等を規定した文書をいいます。

3. 本規約等:本規約と個別規約を総称していいます。

4. 当社:株式会社ダイヤモンド社をいいます。

5. 本サービス:当社が提供する、「ダイヤモンド・プレミアム 法人向けプラン」およびそれに付随するサービスをいいます。

6. 利用者:本規約等に同意し、本サービスを利用する個人をいいます。

7. 契約管理者:本サービスの利用について責任を持つ利用者をいいます。

8. 管理者:契約管理者から一定の権限を付与されたユーザーをいいます。

9. ユーザー:契約管理者または管理者から本規約に基づき本サービスを利用する権限を付与された利用者をいいます。

10. 利用申込者:利用者になろうとする者をいいます。

 

第2条 (本規約について)

1. 本規約は、株式会社ダイヤモンド社(以下「当社」といいます。)が提供する本サービスを利用者が利用する際の、当社と利用者間の条件を定めるものです。利用者は、本規約に従って本サービスを利用しなければなりません。

2. 契約管理者は、ユーザーに本規約等を遵守させる義務を負います。

3. 利用者は、本サービスを利用する都度、本サービスにおいて提供される情報、注意事項などを確認します。また、利用者は、本サービスを利用することにより、本規約の全ての記載内容について同意したものとみなされます。

4. 本規約等のうち、現時点ではサービスが開始していないといった理由で、実際には利用者に適用されない規定がある場合は、将来適用可能となった時点から適用されます。

 

第3条 (個別規約)

1. 個別規約がある場合、利用者は、本規約のほか個別規約の定めにも従って本サービスを利用しなければなりません。

2. 本規約と個別規約との間に矛盾抵触が存する場合、個別規約の定めが優先して適用されます。

 

第4条 (本規約等の変更)

1. 当社は、当社が必要と判断する場合、個別に利用者と同意することにより本規約等を随時変更できます。

2. 当社は、民法第548条の4の規定により、本規約等を変更することができます。

(1)本規約等の変更が、利用者の一般の利益に適合するとき

(2)本規約等の変更が、契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性およびその内容その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき

3. 当社が前項に従い本規約等を変更する場合、当社は変更前に、当社のウェブサイトにて本規約等を変更する旨および本規約等の内容並びにその効力発生時期を告知します。当社が利用者に変更後の本規約等の内容を告知し、利用者が変更版の本規約等の効力発生時期を経過した後に本サービスを利用した場合、利用者は、変更後の本規約等に同意したものとみなされます。

4. 利用者は、当社が変更後の本規約等を当社が運営するウェブサイトに掲載するか、または、その他の方法により利用者に変更後の本規約等を伝達した後に本サービスを利用し続けた場合、変更後の本規約等に同意したこととみなされます。利用者が、変更後の本規約等に同意しない場合、それ以上本サービスを利用することはできません。

5. 利用者は、本サービスを利用する都度、本サービスにおいて提供される情報、注意事項などを確認しなければなりません。また、利用者は、本サービスを利用することにより、本規約等の全ての記載内容について同意したものとみなされます。

 

第5条 (利用申し込みとその承認)

1. 利用申込者は、本規約等の内容に同意した上で、当社が定める方法により、利用の申込みを行います。なお、利用申込者は、当社がその申込みを承認した時点で、利用者となります。

2. 当社は、利用申込者が、以下の各号のいずれかに該当すると判断した場合、本サービスの利用を承認せず、または承認を事後的に取り消すことができます。

(1)利用申込者が、所定の方法によらずに利用の申込みをした場合

(2)利用申込者が、本サービスを利用する利用者本人でない場合

(3)利用申込者が、過去に本規約等の違反により、本サービスの利用を制限された者である場合

(4)利用申込者が、短期間のうちに本サービスの利用申し込みを繰り返す場合

(5)利用申込者が反社会的勢力の構成員またはその関係者である場合

(6)申込内容に虚偽の記載があったことが判明した場合

(7)利用申込者が実在しない場合

(8)その他、当社が不適切と判断した場合

 

第6条 (利用者の種別)

1. 契約管理者は、当社が別途定める方法により、契約管理者が付与されたライセンス数の範囲で、本サービスを利用できるユーザーを招待することができます。また、契約管理者は、ユーザーに付与されたライセンスを剥奪したり、特定のユーザーを管理者に指定しまたはその指定を解除したりすることができます。契約管理者は、本規約等に基づく当社への支払いについて、一切の責任を負います。

2. 管理者は、自らを管理者に指定した契約管理者が保有するライセンス数の範囲で、本サービスを利用できるユーザーを招待し、またはユーザーに付与されたライセンスを剥奪することができます。

3. ユーザーは、契約管理者または管理者より指定され、本サービスを利用できます。

 

第7条 (ライセンス)

1. 当社は、契約管理者に対して、契約管理者自身が本サービスを利用するためのライセンスを1つ付与します。また、当社は契約管理者に対し、契約管理者と当社の間で合意した数のユーザーが本サービスを利用するためのライセンスを付与します。当該ライセンスは、契約管理者が当社に対して申入れ、当社が承認した場合は、その数を増減することができます。

2. 契約管理者または管理者は、ライセンスを付与する対象者を自らの責任で選定し、当該対象者と個別に合意することにより、当該対象者に対して、本サービスのライセンスを付与することができます。なお、当該ライセンスを付与するユーザーは、契約管理者のまたは管理者の責任において随時変更することができます。

3. ユーザーになろうとする者は、本規約等に同意する必要があります。したがって、契約管理者がライセンスを付与した場合であっても、第5条2項に定める場合に該当し当社が利用を承認しない場合の他、ユーザーが本規約等に同意しないことにより、本サービスの利用ができない場合があります。当社は、契約管理者または管理者が指定したユーザーになろうとする者が本サービスの利用ができなかったことにつき、一切の責任を負いません。

4. 本サービスの1つのライセンスを複数人で共有することはできません。

5. 利用者は、本サービスの利用に際してパスワードを登録する場合、これを不正に利用されないようご自身の責任で厳重に管理しなければなりません。当社は、登録されたパスワードを利用して行なわれた一切の行為を、利用者ご本人の行為とみなすことができます。

6. 利用者は、ライセンスが第三者に不正に使用されているおそれがある場合には、直ちに当社にその旨連絡し、当社の指示がある場合にはこれに従います。

7. 本サービスのライセンスは、ライセンスを付与された利用者に専属的に帰属します。利用者の本サービスにおける全ての利用権は、第三者に譲渡、貸与することはできません。

8. 利用者の本サービスにおける全ての利用は、契約管理者と当社の間の本規約等に基づく利用契約が有効に存続していること、ユーザーと当社の間の本規約等に基づく利用契約が有効に存続していること、本条第2項に基づき契約管理者または管理者が当該ユーザーに本サービスのライセンスを付与していることが条件となります。

 

第8条 (本サービスの利用)

1. 本サービスの利用は、指定された利用者に限られるものとし、指定された利用者は本サービスを第三者に利用させることはできません。

2. 本サービスを利用するにあたり、利用者は当社が発行するメールマガジンを受信することが必要な場合があります。

3. 利用者は、利用者自身の責任において本サービスを利用するものとし、本サービスにおいて行った一切の行為およびその結果について一切の責任を負うものとします。

4. 利用者は、本サービスを利用するために必要なコンピュータ、デジタルデバイスその他のあらゆる機器、ソフトウェア、通信手段を、自己の責任と費用において、適切に整備しなければなりません。

5. 利用者は、自己の利用環境に応じて、コンピュータ・ウィルスの感染の防止、不正アクセスおよび情報漏洩の防止等のセキュリティ対策を講じるものとし、当社は、利用者の利用環境について一切関与せず、また一切の責任を負いません。

6. 当社は、本サービスについて、その完全性、正確性、有用性、利用可能性、安全性、確実性、特定の目的への適合性等につき、いかなる保証もしません。当社は、本サービス上のバグその他の瑕疵を補修する義務を負いません。

7. 当社は、当社が必要と判断する場合、あらかじめ利用者に通知することなく、いつでも、本サービスの全部または一部の内容を変更し、また、その提供を中止することができるものとします。

 

第9条 (利用料金)

1. 契約管理者は、別途当社が定める利用料金を、別途当社が定める方法にて支払います。なお、契約期間中に支払い方法を変更することはできません。

2. 利用料金が約定の日時までに支払われない場合、契約管理者、管理者およびそれらが指定した全てのユーザーは本サービスを利用することはできません。また、約定の日時を経過してから利用料金が支払われた場合であっても、当社は利用不能期間に対する補償等を行う義務を負いません。

3. 本サービスの利用が承認された日が属する月内において、本サービスの利用がその理由を問わず終了した場合、契約管理者は最低利用料金として、1か月分の利用料金を当社に支払う義務を負います。

 

第10条 (利用期間)

1. 本サービスの利用期間には、1年間の「年額プラン」、3年間の「3年プラン」があります。各プランの利用期間は、契約管理者が本サービスの利用が承認された日が属する月、およびその翌月1日から、年額プランは1年間(例:4月15日に利用が承認された場合、4月15日から翌年の4月30日まで。)、3年プランは3年間(例:4月15日に利用が承認された場合、4月15日から3年後の4月30日まで。)とし、当該契約管理者または管理者からライセンスを付与されたユーザーの利用期間も同一とします。なお、本サービスの利用期間中にライセンス数を増やした場合、当該ライセンスの有効期間も本サービスの利用期間と同一とします。

2. 本サービスの利用期間が満了する日が属する月の1日から、契約管理者は、ライセンスを付与できる人数の減少等の契約内容の変更を行うことができます。

3. 本サービスの利用期間は、自動的に更新されます。本サービスの利用期間の更新を希望しない契約管理者は、別途当社が定める手続を行い、本サービスの利用期間を終了させなければなりません。

4. 本サービスの利用期間中の途中解約はできません。

 

第11条 (他の事業者のサービス等)

本サービスは、他の事業者が提供するサービスまたはコンテンツを含む場合があります。かかるサービスまたはコンテンツに対する責任は、これを提供する事業者が負います。また、かかるサービスまたはコンテンツには、これを提供する事業者が定める利用規約その他の条件が適用されることがあります。

 

第12条 (コンテンツ)

1. 当社は、当社が提供するコンテンツについて、利用者に対し、譲渡および再許諾できず、非独占的な、本サービスの利用を唯一の目的とする利用権を付与(権利の譲渡は含みません。)します。利用者は、利用料、利用期間等の利用条件が別途定められたコンテンツを利用する場合、かかる利用条件に従うものとします。本規約等または本サービスの画面上で「購入」、「販売」などの表示がされている場合であっても、当社が利用者に対し提供するコンテンツに関する知的財産権その他の権利は利用者に移転せず、利用者には、上記の利用権のみが付与されます。

2. 本サービスには、一部のコンテンツについてダウンロードすることができるサービスが含まれていますが、その場合であっても、本サービスの利用期間中であると利用期間終了後であるとを問わず、ダウンロードされたコンテンツ(本サービスの機能によらない、スクリーンショット、写真撮影等により得られたコンテンツの複製物を含みます。)の利用はダウンロードを行った利用者自身による利用に限られるものとし、第三者に対して複製物を送付したり、公衆送信したりすることはできません。

3. 当社が提供するコンテンツは、本サービスの利用期間中、永久に利用できることを保証するものではなく、やむを得ない理由により、一部のコンテンツの提供が中断または終了することがあります。その場合であっても、当社は利用者が当該コンテンツを利用できなかったことにつき、一切の責任を負いません。

 

第13条 (プライバシー)

1. 当社は、利用者のプライバシー情報と個人情報を、当社のプライバシーポリシーに従って適切に取り扱います。

2. 当社は、利用者が本サービスの利用を終了した場合であっても、利用者のプライバシー情報と個人情報を保存する場合があります。ただし、当社はその義務を負うものではありません。

 

第14条 (禁止事項)

1. 利用者は、本サービスの利用に当たり、以下の各号に該当する行為を行ってはなりません。

(1)営業、宣伝、広告、勧誘、その他営利を目的とする行為(当社の認めたものを除きます。)

(2)他人の個人情報、登録情報、利用履歴情報などを、不正に収集、開示または提供する行為

(3)本サービスのサーバやネットワークシステムに支障を与える行為、その他の技術的手段を利用して本サービスを不正に操作する行為、本サービスの不具合を意図的に利用する行為

(4)逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリング、その他本サービスのソースコード、構造、アイデア等を解析する行為

(5)自動入力を行うソフトウェアやいわゆるBOT等の技術的手段、その他当社が不正とみなした方法により、本サービスを利用しようとする行為

(6)反社会的勢力に対する利益供与その他の協力行為

(7)法令、本規約等、公序良俗等に違反する行為、本サービスの運営を妨害する行為、当社の信用を毀損し、または当社の財産を侵害する行為、第三者若しくは当社に不利益を与える行為

(8)当社または第三者の著作権、商標権、特許権等の知的財産権、名誉権、プライバシー権、その他法令上または契約上の権利を侵害する行為

(9)当社による本サービスの運営または他の利用者による本サービスの利用を妨害し、これらに支障を与える行為

(10)上記各号のいずれかに該当する行為を助長する行為

(11)その他、当社が不適切と判断する行為

 

第15条 (利用の停止等)

1. 当社は、利用者が本規約等に違反し、または違反するおそれがあると認めた場合、あらかじめ利用者に通知することなく、当社が必要かつ適切と判断する措置(利用契約の終了、アカウントの停止、アカウントの削除を含みますが、これらに限られません。)を講じることができるものとし、かかる措置によって利用者に何らかの損害が発生した場合であっても、当社は一切の責任を負いません。

2. 利用者の本規約等への違反および違反するおそれがあると当社が認めた行為につき、契約管理者は連帯してその責任を負います。したがって、ある契約管理者(または当該契約管理者が指定した管理者)がライセンスを付与したユーザーが本規約等に違反した等の場合、契約管理者の利用契約の終了、アカウントの停止等が行われ、それに伴って、当該契約管理者がライセンスを付与した他のユーザーの本サービスの利用が停止等される場合があります。かかる措置によって利用者に何らかの損害が発生した場合であっても、当社は一切の責任を負いません。

 

第16条 (契約管理者の変更)

契約管理者は、当社が承認した場合、当社が定める手続に従って、自らが指定したユーザーにその同意を得た上で契約管理者の地位を譲渡することができます。地位を譲渡した契約管理者は、自らの責任で、本サービスの利用料金の支払方法の変更等を行わなければなりません。

 

第17条 (免責)

1. 当社は、契約管理者とユーザーとの間の紛争、その他利用者同士の紛争については、一切の責任を負いません。

2. 当社は、契約管理者、管理者またはそれらに指定されたユーザーの責任によって契約管理者、管理者またはユーザーが本サービスのライセンスを喪失し、その他の理由で本サービスの利用ができなくなった場合であっても、当該契約管理者、管理者およびユーザーに対して一切の責任を負いません。

3. 当社は、当社に故意または重大な過失がある場合を除き、通信回線やコンピュータ等の障害や不具合等による本サービスの中断、データの消失に起因して利用者に生じた損害に関して、一切の責任を負いません。

4. 当社が利用者に対し、債務不履行ないし不法行為に基づく損害賠償責任を負う場合であっても、当社に故意または重大な過失がある場合を除き、当社の損害賠償責任は、予見しまたは予見し得たか否かにかかわらず、利用者が現実に被った直接かつ通常の損害に限られ、その賠償額は1万円を上限とします。

5. 天災地変その他の不可抗力により、当社が本サービスを提供できなかった場合、当社は、その損害についていかなる責任も負いません。

 

第18条 (本規約の有効性)

1. 本規約等の各条項の全部または一部が法令に基づいて無効と判断された場合であっても、当該条項の無効と判断された部分以外の部分および本規約等のその他の規定は、有効とします。

2. 本規約等の各条項の一部が、ある利用者との関係で無効とされ、または取り消された場合であっても、その他の利用者との関係においては、本規約等は有効とします。

 

第19条 (準拠法および管轄)

1. 本規約は、日本法に準拠し、日本法に従って解釈されるものとします。

2. 本サービスに関して、当社と利用者との間で紛争が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

2021年11月1日制定

 

ダイヤモンド・オンラインおよびダイヤモンド・プレミアム(「週刊ダイヤモンド」とのセット含む)利用規約

 

本規約は、株式会社ダイヤモンド社(以下「当社」という)が提供するデジタル情報サービス「ダイヤモンド・オンライン」「ダイヤモンド・プレミアム(「週刊ダイヤモンド」とのセット含む)」(以下「本サービス」という)の利用条件を定めるものです。本サービスは、推奨環境のブラウザベースのサービスとなっており、配信サイト(以下「本サイト」という)を利用することで、当社および第三者の情報提供者が配信する記事、雑誌および書籍コンテンツ(以下「コンテンツ」という)を閲覧することができます。本サービスの利用者(以下「ユーザー」という)は会員登録を行う時点で、本規約に同意したものとみなし、当該登録をもって当社とユーザーの契約が成立するものとします。

 

 第1条(本サービスの利用) 

    1.ユーザーは会員登録を行うことで、本サービスを利用できます。本サービスには、ダイヤモンド・オンライン無料会員(以下「無料会員」という)とダイヤモンド・プレミアム会員(「週刊ダイヤモンド」とのセット含む。以下「有料会員」という)があり、利用可能なコンテンツ、機能は会員種別により異なります。

    2.本サイトの利用にはインターネットへの接続が必要です。通信料金はユーザーの負担となります。

    3.本サービスは、 当社とユーザー間で別途合意がない限り、同一ユーザーとして本サイトにアクセスできるのは契約期間を通じて1名のみとなります。

    4.ユーザーが未成年である場合、法定代理人の同意を得なければ本サービスを利用できません。

    5.本サービスでは、当社の判断によりコンテンツを削除する場合があります。

    6.ユーザーは、本サービスの会員登録をした時点で、本サービスから送られるメールに企業等の広告やお知らせが掲載される可能性があることに、同意したものとします。

    7.当社は本サービスについて日本国外からのコンテンツ閲覧を保証いたしません。また「週刊ダイヤモンド」とのセット商品における雑誌の送付先は日本国内に限定いたします。

2条(利用環境)

 本サイトのご利用にあたっては、当社が推奨する利用環境での閲覧をお勧めしています。
推奨環境はダイヤモンド・オンライン内のFAQページよりご確認ください。
なお、推奨環境以外でのご利用や、推奨環境下でもお客様の閲覧環境によってはご利用いただけない、もしくは正しく表示されない場合があります。
また、一部のソフトウェアをインストールしている場合、正しく動作しないことがあります。

3条(支払方法)

 個人の有料会員の支払方法は、クレジットカード決済のみとなります。利用できるクレジットカードは以下となります。
(Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club)
※請求の締め日、決済日等については、ご利用のクレジットカード発行会社にご確認ください。

 なお、有料会員の利用料金は変更されることがあります。その場合、事前に本サービス上でユーザーに通知いたします。
法人利用での利用料金、決済方法については、別途当社までお問い合わせください。

4条(有料会員の契約期間および更新・更新停止・解約・退会)

    1. 個人の有料会員には、1ヵ月の「月額プラン」、1年間の「年額プラン」、3年間の「3年プラン」があります。また、ダイヤモンド・プレミアムの閲覧に加えて、雑誌「週刊ダイヤモンド」が毎号送付されるセットプランとして、1ヵ月の「月額セット」、1年間の「年額セット」、3年間の「3年セット」があります。

   2. 「月額プラン」「月額セット」の場合、加入日または更新日の翌月同日の前日までが契約期間となり、加入日に該当する暦日に、毎月料金が請求されます。加入日に該当する暦日がない月の場合、月末日の前日までが契約期間となり、翌月末日に次月分の請求が発生します。(例: 8月31日申し込みの場合、9月29日が契約最終日です)。「年額プラン」「年額セット」の場合、1年後の同月同日の前日までが契約期間となり、「3年プラン」「3年セット」の場合、3年後の同月同日の前日までが契約期間となります。

   3. キャンペーン等によって有料会員の無料利用期間が発生した場合、無料利用期間の終了前に解約しない限り、無料利用期間の最終日の翌日に利用料金が請求されます。

   4. クレジットカード決済の場合、契約期間内に有料会員自身が解約または更新停止の手続きをしない限り、契約期間満了時に契約は自動的に更新されます。解約・更新停止の手続きは本サイトのマイページからのみ行うことができ、電子メールや電話、郵便、直接訪問等の方法は受け付けないものとします。

  5. 有料会員が契約を更新停止した場合、契約満了日の翌日に契約は自動的に解約となります。なお、契約を更新停止しても契約満了日までは有料会員向けサービスを利用できます。

  6. すべてのプランにおいて、契約期間を残して中途解約した場合、日割・月割精算等による料金の払い戻しは行いません。

  7. 有料会員登録を解約した場合、無料会員として登録されます。無料会員の退会はユーザー自らが本サイトのマイページから行う必要があります。

  8. 法人利用での契約期間については、別途当社までお問い合わせください。更新方法については当社からご案内します。

第5条(有料会員の契約変更)

 個人の有料会員は、現在契約中のプランから、他の一部の有料プランへと契約途中での変更が可能です。契約中のプランによって、変更可能な有料プランは異なりますので、詳しくはダイヤモンド・オンライン内のFAQページよりご確認ください。

6セット商品の雑誌送本

    1.雑誌「週刊ダイヤモンド」のお届けは、お申し込み日が4日以前の場合は、現在発売号よりお届けいたします。それ以降のお申込みは、次号からのお届けとなります。

    2.セット商品の雑誌は発売日当日にお届けしております。ポスト投函方式になりますので、雑誌の入る大きさのポストにお名前の表示をしていただけますようお願いいたします。表示のない場合は、お届けできない場合もございます。お届けは各地域の店頭発売日により若干異なります。

   ※お届け日に関しては到着日を保証 するものではございません。天候や配送会社の都合により遅れがでることもございます。

​  3.転居などで送付先住所を変更される場合は、ユーザー自らが本サイトのマイページから手続きを行う必要があります。

    4.別冊・臨時増刊号の料金は含まれておりません。

    5.乱丁・落丁はお取り替えします。下記ダイヤモンド・サービスセンターまでご連絡ください。

    6.雑誌をお届けする際、当社からの商品・展示会のご案内、雑誌広告主からのご案内等を同封する場合がございます。なお、これらの同封物は一部地域に限定させていただく場合がございます。

    7.解約いただいた場合でも雑誌「週刊ダイヤモンド」は、当初の契約期間満了までお届けいたします。ご不要の場合は下記ダイヤモンド・サービスセンターへご連絡ください。

◆ダイヤモンド・サービスセンター(雑誌送本に関する問い合わせ先)https://item.diamond.co.jp/contact/#category/B/10/000

7条(代理店)

 本サービスに関する下記業務を、当社に代わって代理店が行う場合があります。
(1)本サービスの販売、お申込み受付、およびこれらに関する業務
(2)本サービスの更新、解約、退会に関する業務
(3)ご利用料金の請求、およびこれに関する業務
(4)その他、当社が指定した業務
なお、代理店を通じて本サービスにお申込みいただいた時点で、本規約に同意したものとみなします。  

第8条(禁止事項および利用の停止)

 当社は、ユーザーが以下の各項目に該当すると判断した場合、通知および催告することなく、本サービスへのアクセスを停止もしくは制限できるものとします。

    1.本規約、法令、公序良俗に違反した場合

    2.当社もしくは他者の権利を侵害した場合

  3.暴力団、暴力団構成員、準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団、その他これらに準じる反社会的勢力であると判明、もしくは反社会的勢力との関わりがあると判明した場合

    4.著作権法で認められた範囲を超えて、本サービスのコンテンツを当社の事前承諾を得ず、その全部または一部を、複製、出版、公表、譲渡、公衆送信、改変など形態の如何を問わず利用、もしくはこれらの行為を第三者に行わせた場合

    5.虚偽の個人情報を提供、もしくは第三者になりすまして本サービスを利用した場合

    6.当社の許可を得ることなく第三者のアカウントを作成、もしくはアカウントを無断で他人に譲渡した場合

    7.過去において本サービスの会員登録を取り消されたことがある場合

    8.情報収集ボット、ロボット、スパイダー、スクレーパー等の自動化された手段を利用し、本サービスにアクセスもしくは会員登録した場合

    9.当社または正当な権利を有する他者の著作権、登録商標等の知的財産権を侵害した場合、もしくは侵害する恐れのある場合

   10.その他、当社が合理的な事由により不適切と判断した場合

第9条(プライバシーおよび個人情報)

 本サービスの利用により生じる個人情報は、当社のプライバシーポリシー(https://www.diamond.co.jp/legal/)および個人情報保護法等の規定に則って取り扱うものとします。

第10条(外部サービスの利用)

 本サービスを経由して第三者が提供する外部サービスを利用する場合、ユーザーは、外部サービス運営者が定めた利用規約・利用条件に従うものとします。当社は、ユーザーが外部サービスを利用したことにより生じた損害に関し、一切責任を負いません。

11条(著作権・商標権など)

 本サービスに関わる著作権、商標権、その他の知的財産権はすべて、当社または正当な権利者に帰属します。

12条(免責)

   1.当社は、ユーザーに対し、本サービスの一切の動作保証を行いません。また、本サービスのシステム上のアクシデント、天災地変その他不可抗力により生じた損失について、一切責任を負いません。

   2.本サービスの提供する情報、サービスなどすべての事項について、最新性、正確性、有用性、特定目的への適合性、機能性、セキュリティ、エラーやバグ、権利侵害その他の有害性を含まないことに関し、当社は一切保証しません。

   3.当社がユーザーに対し、債務不履行ないし不法行為に基づく損害賠償責任を負う場合であっても、当社に故意または重大な過失がある場合を除き、当社の損害賠償責任は、予見し又は予見し得たか否かにかかわらず、お客様が現実に被った直接かつ通常の損害に限られ、その賠償額は本サービスの月額利用料を上限とします。

13条(本サービスの変更および終了)

   本サービスは、事前の予告なく、変更・機能追加・停止、終了することがあります。これに起因して生じたユーザーおよび第三者が被った被害に対して、当社は、一切責任を負いません。

14条(本規約の変更)

   当社は、民法第548条の4の規定により本規約を変更できるものとします。本規約を変更する場合、当社は変更前に、当社のウェブサイトにて本規約を変更する旨および本規約の内容並びにその効力発生時期を告知します。当社がユーザーに修正後の本規約の内容を告知し、ユーザーが修正版の本規約の効力発生時期を経過した後に本サービスを利用した場合、ユーザーは、修正後の本規約に同意したこととなります。ユーザーが、修正後の本規約に同意しない場合、それ以上本サービスを利用することはできません。

15条(準拠法および管轄裁判所)

 本規約に関しては、日本国の関係法令が適用されます。本規約に関する一切の紛争は、東京地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とします。

16条(本規約の有効性)

   1.本規約の各条項の全部又は一部が法令に基づいて無効と判断された場合であっても、当該条項の無効と判断された部分以外の部分及び本規約のその他の規定は、有効とします。

    2.本規約の各条項の一部が、あるユーザーとの関係で無効とされ、又は取り消された場合であっても、その他のユーザーとの関係においては、本規約は有効とします。

附則

2019年6月27日制定
2020年3月16日改定
2020年4月1日改定
2021年5月6日改定
2021年5月21日改定
2021年11月11日改定
2022年6月15日改定